• JPN
  • ENG

about

集団でデザインすること

デコラティブ・モード・ナンバースリーは、建築家、プロダクトデザイナー、大工、家具職人、芸術家、調理師の
6人によって生活空間を舞台とする全てに対してのデザイン提案を行うために結成された。発想からデザイン、製
作までを共同製作のもとで行っている。専門の違うもの同士の共同作業により「生活」といったものを扱う時に欠
く事のできない、身体・時間とそれらが存在する空間に対する関連性といったものをより有機的な視点でながめる
ことが可能となる。「建築」の問題を「芸術」的な発想の元に「デザイン」し、「料理」の為の「家具」のある空
間を「大工」が形作るのである。

装置としての空間

空間の仕事をする上で、我々はよく日本庭園について語る事がある。なぜなら、我々の空間に対する考えは、日本
庭園が持つ、身体に訴える装置としての役割に強く影響を受けている。たとえば、優れた日本庭園における月を観
る為にだけ設けられたバルコニーは、月が一番美しく見える季節の月の位置にあわせて全体が構成された庭を最も
効果のある状態で鑑賞できるように配慮されているし、人々の絶景への感動を倍増させるために配置された飛び石
の役割は、絶景のポイントのぎりぎりまでの人の視線を足下に集めておく為にある。そのとき、庭園内のそれぞれ
の造形物は自らの美しさもさることながら、すでにそこにあるものである草木や月を最も引き立てるために、自ら
を不可視の存在へと変化させるのである。空間はそこでの時間のために存在し、心地のよい時間を過ごすきっかけ
を与えた後はその姿を序々に消してゆくものである。

関数としてのデザイン

現在までの我々の表現領域は多岐に渡っている。これは、生活というものをデザインしようとするときに避けるこ
との出来ないことだと考えている。なぜなら、当然の事ながら、私たちは何か一つのことをするだけでは生きてゆ
くことはできないからである。食事、排泄、睡眠、娯楽など生活という一括りは、様々な要素が複雑に絡み合って
初めて成立するものだからである。それらは、微妙なバランスの上にたって初めて到達される総合芸術である。絵
画よりも彫刻に近く、映画よりも舞台に近いものであると考える。例えば、私たちはレストランをデザインすると
きは、生活という現実に展開されているインスタレーション・アートをプロデュースしていることとして受け止め
ている。そこでは、用意された舞台装置のうえでパフォーマンス・アーティストである調理師やウェイター、ウェ
イトレス達が観客さえも参加する総合芸術が繰り広げられている。それらを、一貫したコンセプトで体現してゆく
には、造形的なデザインや単発的なアイデアといったよりもむしろ全てを変換しうる関数をデザインしてゆくこと
が重要であると考える。われわれは、その関数をデザインしグラフという舞台で実践してゆきたいと考えている。

about

Designing in a group

decorative mode number.3 was setup by 6 people—an architect, a product designer, a carpenter, a furniture
craftsman, an artist and a chef—to be able to carry out all kinds of design proposals with the living space as
a setting. Everything is founded on coproduction, from the original idea to design and production. When you’re
dealing with ‘living,’ possibility lies in everyone looking with a coordinated point of view at the association of
a ‘person’ and ‘time’ in the space where they both exist, according to the group work of your fellows outside
your line of expertise. You should ‘design’ an ‘architectural’ problem with and ‘art’-like idea; a ‘carpenter’ should
create a space with ‘furniture’ for the benefit of ‘food’.

Space as a device

We often talk about traditional Japanese gardens while working on spaces. This is because our way of thinking
about space is strongly influenced by the role that Japanese gardens have as a device, by reaching out to people.
For example, immense forethought has gone into a balcony created merely for the sake of viewing a great Japanese
garden that has been completely arranged to suit the moon when it can been seen in it’s most beautiful season,
all with great results; the stepping stones have been gathered and placed at the viewers feet, right on the edge of
their gaze, arranged this way to double the deep emotion that each person has for this superb view.Though there
s beauty lying in every man-made object within the garden, at this time their existence becomes invisible for
the sake of favoring the moon or plants already in the garden. Spaces exist for the time that is spent there by people,
so after a pleasant chance spending some time in the garden the presence of these objects starts to fade.

Design as function

Up to now, our range of expression has covered a lot of ground. We believe that when one seeks to design things
for living, it’s inevitable. This is because we cannot survive by just doing one thing, of course. Living—i.e. eating,
washing, sleeping, pleasure, etc. all lumped together—exists as a complex entanglement of various factors. They’re
a complete work of art, attained above and beyond just a subtle balance of elements. We believe it to be something
closer to sculpture than painting, or closer to theater than a movie. When we design a restaurant for example, we
consider it as producing installation art for the evolution of a real lifestyle. Here, the total work of art unfolds on
the prepared stage setting with the chefs, waiters and waitresses as performance artists, needing only an audience.
We think that the most important thing when embodying a coherent concept within the total work of art is designing
a function that brings change to everything rather than some kind of design molding or bursts of single ideas. We are
constantly considering ways to put ‘design as function’ into practice in the theater we call graf.