使い手が工夫と一手間を加えることで、道具としての使い方が成立する、grafが考える新しい「道具」の提案です。
Close it
Close it