メンテナンスについて

わたしたちの家具を末永くご使用いただくための、日常のお手入れ・メンテナンスについてご紹介します。

木部の仕上げについて

ワックス仕上げ

水分のついたグラス、布等を長時間放置されますと、シミの原因になる恐れがあります。
水分が付着した場合は直ちに乾いた布などでお拭き取りください。

クリアウレタン仕上げ

水に強い性質を持っており、多少水分がついたとしても乾拭きをしていただくだけで結構です。
わたしたちの作る家具にはシックハウス症の起こりやすいトルエン、キシレンを含む塗料は使用しておりません。

オイル仕上げ

無垢材本来の木地を活かすもので、使い込むほど風合いが増し、木の経年変化を楽しむことができます。
直射日光や空調が直接当たるところに置くと、反りや縮み、膨張、割れの原因になることがあります。
季節や環境の変化においても同様のことが言えますのでご注意下さい。
家具の使用頻度にもよりますが、3〜6ヶ月くらいに一度、乾いた布にオイルを染みこませて塗ってください。
メンテナンス用のオレンジワックスは店頭にてご用意させていただいております。

注意点

どの仕上げも鉄や陶器などの硬く鋭利な部分で擦ったりすると傷が付いてしまいますのでご注意ください。
また熱くなった鍋などを直接置くと輪じみや傷が付いてしまいますので、厚手の鍋敷きなどを敷いて下さい。


鉄部の仕上げ

耐久性を考慮したメラミン焼付塗装を用いています。
ワークテーブルなどの磨き加工仕上げに関しては、鉄の風合いを生かすために素地の上からメラミン焼付塗装を施しています。
水分、油かすなどをそのまま放置されますと、錆の原因となりますので、速やかに乾いた布等でお拭き取り下さい。
湿気の多い場所でのご使用はお避けください。


ファブリックについて

椅子の貼り地やソファなどのファブリックは、エチケットブラシなどでやさしく撫でるようにお手入れしてください。
掃除機などで強い摩擦を加えると毛玉ができる恐れがあります。
毛玉ができた場合は専用の道具で除去されることをおすすめします。
座面を踏み台にしたり、座面の上で飛ぶなど、椅子の用途以外でのご使用は破損や老朽化を早める原因となりますのでお止め下さい。

ペーパーコードについて

掃除機でペーパーコード間のホコリを取り除いて下さい。
濡らしてしまった場合は、ペーパーコードをこすらないように注意して水分を取り除き陰干しをして、完全に乾燥するまでは使用をお止め下さい。
無理にこすったり、濡れたままでご使用になりますと、ペーパーコードの寿命を短くする恐れがあります。
ワインなどの染色性のあるものをこぼされた場合は、シミになる恐れがありますのでご注意ください。
座面を踏み台にしたり、座面の上で飛ぶなど、椅子の用途以外でのご使用は破損や老朽化を早める原因となりますのでお止め下さい。

アクリルテープについて

固く絞った布巾で拭いて下さい。濡らしてしまった場合は、速やかに水分を取り除いて下さい。
濡れたままで放置するとシミの原因になります。
ワインなど染色性のあるものをこぼされた場合は、シミになる恐れがありますのでご注意下さい。
汚れのひどい場合は中性洗剤を使用してください。塩素系洗剤のご使用はお止め下さい。


木部メンテナンス用としてオレンジオイルとワックスを店頭にてご用意させていただいております。
お持ちのラッカーやウレタン樹脂を使用している家具にもご使用いただけます。
その他、細かいメンテナンスに関するご質問はお電話やファックス、メールなどでご対応いたしますのでお気軽にご連絡ください。
家具を愛するみなさまが快適で豊かな暮らしを送ってもらえるよう、わたしたちがお手伝いさせていただきます。