NEWS

大日本市オンライントークイベント

Design, Event

SHARE

中川政七商店が運営する「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、展示会やイベントの企画などで、日本のつくり手(工芸メーカー)と伝え手(小売店)をつなぐ活動「大日本市」。
今年は小売店様向け専用の卸販売サイトを作り、様々なオンラインイベントを開催されています。

コロナ禍でリアル展示会になかなか足を運べない今、目利きたちの目を借りて物のレビューをしてもらい、変化し続ける日本のものづくりを捉えようという企画「目利きが語る、ものの見方、選び方」。
この度graf代表の服部も大日本市出展の商品レビューに参加させていただきました。読みもので公開していますのでぜひご覧ください。

https://www.dainipponichi.jp/shop/pg/1grafhattori/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mail&utm_campaign=sansan20201127

◎12/2(水)19時~ トークイベント開催!
服部と作り手を交えて、レビューした商品についてお話を更に伺います。
特別ゲストとしてレビューでコメントいただいたDYK、鍋島虎仙窯のプロダクトデザインを担当されたPRODUCT DESIGN CENTER鈴木さんをお迎えします。
※鈴木さんは、物の歴史を一歩進める「堅実な革新」をテーマに、醤油差しから鉄道車両まで、幅広い領域でプロジェクトを手がけています。グッドデザイン賞 最年少審査委員。

読みものをご覧いただき、ぜひお気軽にトークイベントにもご参加ください。
※イベントは予約制でオンラインにて実施です。
 登壇者のみ映像がでます、コメントでご質問可能です。
https://firebasehostingproxy.page.link/198886819888/forms.gle/U7ia2z4Ys5PE8xmy6?_imcp=1

◎12/1(火)19時~ トークイベント開催!
伝統工芸をベースにした0歳からの伝統ブランドaeru、地域の工芸を体感できるホテルの1室プロデュースなど、日本の伝統を次世代につなぐ仕組みづくりで、多岐にわたり事業展開される矢島さんに商品をレビューされています。

読みものでは伝えきれなかったバイイング手法や、小売店が果たす役割についてお話いただきます。
レビューしていただいた商品の作り手として、grafでデザインを担当させていただいた「
森工芸×graf Rectangle Rays Tray」の製造を行う森さんが出演いたします。
https://firebasehostingproxy.page.link/198886819888/forms.gle/NZPoG327xgo27PaM6?_imcp=1