News

2017.04.05

graf×天心山神勝寺 禅と庭のミュージアム オリジナルティー”四季桜”をプロデュース




「graf」が広島県・福山の「天心山神勝寺 禅と庭のミュージアム」オリジナルティー”四季桜”のプロデュースを行いました。春の桜の時期に合わせ、graf studio shop、禅と庭のミュージアムで発売いたします。

禅と庭のミュージアムは、神勝寺の広大な敷地内に広がる禅庭の散策をはじめ、絵画、建築、アートを鑑賞する楽しみを通して現代における新しい禅体験の時間を提案する空間です。ピエール・エルメ・パリや名和晃平|SANDWICHなど、様々な分野のトップランナーとコラボレーションしたオリジナルグッズを作成しており、今回のオリジナルティー”四季桜”も新たにラインナップに加わります。

茶葉は明治十一年創業の今川玉香園茶舗さんとコラボレーションし、grafの川西まりが商品開発致しました。
風光る春と紅葉の秋に二度開花する四季桜、そして緑深い神勝寺の庭をイメージし、上質な緑茶と尾道の桜花、葉をブレンドしたものです。翠緑の合間に見え隠れする桜色が可憐なお茶は、ひと口ずつ味わうごとに微かに印象が変化して、時に清々しく、時に湿潤な、庭園の豊かな陰影の記憶と重なるでしょう。桜の季節を堪能いただける、奥ゆかしいオリジナルティーです。ぜひご賞味ください。


「天心山神勝寺 禅と庭のミュージアム」オリジナルティー”四季桜”
原材料:緑茶、桜
原産国:日本
ブレンド地:尾道
内容量:30g
販売価格:¥1,400 + tax
保存方法:高温多湿を避け移り香にご注意いただき、開封後は早めにお召し上がりください。
賞味期限:2017年12月31日
製造者:今川玉香園茶舗

<プロフィール>
天心山神勝寺(てんしんざんしんしょうじ)
1965年12月2日益州宗進禅師に 深く帰依された開基神原秀夫氏が、禅師を開山に招請して建立された臨済宗建仁寺派の特例地寺院。神勝寺は亡くなられた方々の供養の場であると共に、広大な境内には無明院や国際禅道場など多くの伽藍が建ち並び、また表千家不審庵の古図を忠実に再現した「秀路軒」などの茶室を設けるなど、「禅」と「茶道」を根本として日本のみならず海外にも広く門戸を開いた禅寺です。近年では、藤森照信氏による寺務所「松堂」や、名和晃平|SANDWICH氏の設計によるアートパビリオン「洸庭」が誕生し、注目されています。
http://shinshoji.com/

今川玉香園茶舗(いまがわぎょくこうえんちゃほ)
江戸中期創業で尾道で最も古い茶舗。茶道具や全国の品質のよい日本茶のみを取り扱っています。
1900年頃から1941年までセイロン島から輸入していた紅茶を2005年に復活し、「尾道紅茶」のブランドで販売しています。
http://imagawa-chaho.com/


<取扱店>
graf studio shop
〒530–0005 大阪府大阪市北区中之島 4–1–9
open / 11:00 - 19:00
定休日 / 月曜日(祝日の場合は翌日休)
TEL:06–6459–2100
FAX:06–6459–3233
MAIL:shop@graf-d3.com

天心山神勝寺 禅と庭のミュージアム
〒720-0401 広島県福山市沼隈町大字上山南91
TEL:084-988-1111(寺務所)
MAIL:info@szmg.jp