NEWS

「まち / ひと / しごと Localism Expo Fukui」に出展

Event

SHARE

福井県鯖江市で開催する「まち  /  ひと  /  しごと Localism Expo Fukui」に出展します。
全国で行われている社会的意義の高い活動を紹介するショップ型の博覧会で、grafはオリジナルプロダクツのsunaoや三角箸、1616/arita等を展示販売いたします。製品に込めた想いやストーリーもたくさんお話したいと思っています。
北陸の皆様、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

RENEW 特別企画
まち / ひと / しごと Localism Expo Fukui

会期 2018年10月18日(木)~21日(日)10:00~17:00 (最終日は16:00まで)
会場 うるしの里会館 産業振興交流ホール(福井県鯖江市西袋町40-1-2)
入場 300円(高校生以下無料)

WEB:http://renew-fukui.com/
Facebook:https://www.facebook.com/renew.kawada/
instagram:renew_fukui

「RENEW(リニュー)」は、持続可能な産地づくりを目指して2015 年に福井県鯖江市河和田地区でスタートした産業観光イベントです。会期中は普段出入りできないものづくり工房の見学を通じて、作り手の想いや背景を知り、体験しながら商品の購入が楽しむことができます。

コンセプトは「来たれ若人、ものづくりのまちへ」。最近では担い手として移り住む若者が増えてきていることから、RENEWでは「移住EXPO」など、産地の未来を醸成する様々なイベントも同時に開催し、地域内外に気づきの輪を広げています。3 回目の開催となった2017年は、奈良の老舗「中川政七商店」とタッグを組み「RENEW× 大日本市鯖江博覧会」として開催。延べ4万2千人の来場があり、規模としては国内最大級の産業観光イベントになりました。

4 回目の開催となる「RENEW 2018」は、開催エリアを拡大し、鯖江市・越前市・越前町を舞台に、眼鏡・漆器・和紙・打刃物・箪笥・焼物・繊維の7産地から110社の工房・企業・飲食店が参加します。また、今年は特別企画として「まち/ひと/しごと -Localism Expo Fukui-」を開催。本展は“ものづくり・食・教育・福祉・コミュニティ・IT・防災”といったキーワードで、全国で行われている社会的意義の高い活動を紹介するショップ型の博覧会です。展示・販売・トークイベント・ワークショップを通して、全国の様々な領域の取り組みを深く知り、体感することができます。活動に取り組む当事者から直に想いやストーリーを聞くことで、県内外の人々がこれからの地域のあり方、暮らしのあり方を捉え直す4日間です。