Progress of graf

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、
新鮮な発見や驚きを素にgrafをつくっています。

2012.11.12

graf bld. から graf studioへ

これまで活動の拠点としてきたgraf bld.から、元家具工場を改装した「graf studio」へと拠点を移しました。grafの活動がはじまってから移転は今回が12年振り2回目のことです。笑いあり、涙ありのいろいろな出来事を作ってきたgraf bld.は私たちの活動そのものを象徴するアイコンにもなっていたように思います。ビルという構造が生んだ不思議な環境を通じて出会うお客様たちと我々が様々な思いや価値を一緒に共有出来たことが、常にgrafをアップデートしてくれました。graf studioでもこの感覚を大切にしながら、皆さんとの関わりから得る発見を僕たちなりに表現していこうと思っています。

ビル最終日までの期間は連日本当にたくさんの方にお越しいただきました。古くからgrafを知る方や特別な思い出がある方、いろいろな方とお話をすることができました。これからどうなるんですか?と、すごく心配される方もいて、まぁ確かに何事かと思うよなぁと申し訳ない気持ちにもなりながら、しかし改めてお客様の応援があってこそ、ここまで頑張ってこられたことを身をもって感じた次第です。お陰様で無事移転作業が完了し、先日10日(土)にgraf studioをオープンさせることが出来ました。たくさんのお客さまにご来店いただき、またたくさんのお花やお祝いを頂戴しとても嬉しく思っています。本当にありがとうございます。

今回の移転ではたくさんの学生ボランティアの方にお世話になりました。重たい荷物や家具、什器を運んでくれたり、ホコリやペンキにまみれながらも楽しそうに作業をしてくれて心強かったです。とても感謝しています、ありがとうございました。皆さんの活躍がなければオープン初日を平和に迎えることは決してありませんでした。是非遊びに来てくださいね。そしてこれに懲りずにまた何か一緒にやれたらと思っているのでよろしくね。
他にもたくさんの方がお手伝いくださったり手作りの差し入れをお持ちくださったり、近くに来たから寄ったよーなど励ましくださりとても元気づけられました。深く深く深く御礼申し上げます。そして移転期間中にお電話やメールの対応が遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます。

さて、ビルの片付けや掃除がまだ残っていますが何はともあれ新しいスタートを切りました。これからも皆さまからの声援に応えていけるような活動を続けて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。引き続きgraf studioでの出来事は、こちらのProgress of grafにてお伝えしていきます。

小坂逸雄(PR)