Progress of graf

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、
新鮮な発見や驚きを素にgrafをつくっています。

2013.12.26

ここのひとと

graf代表の服部滋樹が特別客員教授を勤める名古屋芸術大学デザイン学科。今年同科で服部が担当していた授業では、学生たちが大学周辺に暮らす人たちの“日常”をフィールドワークをして調査し、その成果発表としてドキュメント映像「ここのひとと」を制作しました。この映像作品は地域の住民の方を招いた上映会で公開され、その様子は大学と地域を繋げたデザインプロジェクトとして新聞などでも取り上げられました。今、変化しつつあるデザインの役割やその可能性。それを実践したとも言えるこの取り組みはどのように進められ、関わった学生の皆さんにはどのような手応えと変化をもたらしたのでしょうか。先日grafにやってきた同学科の学生、講師の方たちにお話を伺いました。


写真右:水内智英さん

「ドキュメント映像の“ここのひとと”は、2012年に服部さんと取り組んだ特別授業である晩餐会プロジェクト“土と人のデザインプロジェクト – ゼロから晩餐会をデザインする –”が伏線になっています。そのプロジェクトでは、晩餐会をするために地域の素材や魅力などの資源を調べ、地域に「あるもの」と「ないもの」を調査しました。あるものから晩餐会のための何かをつくり、ないものは自分たちでつくる。地域の人たちとコミュニケーションを図ることを目的に、あるひとつの場をつくるということがこの晩餐会のテーマでした。その活動記録として映像を撮っていたのですが、今回は映像をつくることそのものがプロジェクトになったという感じです(講師:水内智英さん)」。

名古屋芸大デザイン学部「土と人のデザインプロジェクト - ゼロから晩餐会をデザインする」 from Lifestyle design, NUA on Vimeo.

この晩餐会のプロジェクトを通じて「人こそが資源」ということに気が付いた学生さんたちは、地域に住む人たちにどんどん興味が湧いていったそうです。再び大学を飛び出し周辺の住民の方たちの元を訪れます。「ここのひとと」では日常に焦点が当てられた、さまざまな職業の人たちが登場します。主人公となった地域住民の方たちは、学生たちの質問に対して自身の仕事のことや個人的な考え、生き方などを赤裸々に語っています。


画像:ここのひととのワンシーン

「はじめは地域の皆さん方の普段の生活やお仕事をしている時間に、私たちがどこまで立ち入って良いのかがわからず毎回緊張していたのですが、機会を重ねるうちに自然とその地域にいる方のほうから話しかけられるようになっていきました。お陰でこういったフィールドワークが特別な行為ではなく私の普段の生活に馴染んできた気がしています。北名古屋市に住んでいるんだな、と実感することができるし、私生活も心も満たされていると感じます。いろんなところで顔も覚えてくださっているのでうれしいです(末竹汐里さん)」


末竹汐里さん

晩餐会のプロジェクト、ドキュメント「ここのひとと」は、大学と地域の方たちが協同でつくりあげていったプロジェクトだと言えます。これまでにも地域と大学が連動した活動はあったそうですが、今回の取り組みとの違いはそれぞれの関係性の中から見つけたものが自然と形になっていったことのように感じます。

「これまで大学で、このような形で積極的に地域の方たちと関わるプロジェクトを実施したことは少なかったように思います。そもそも周辺の方たちにとって我々大学側が何をしているのかがわからないという状況もありましたので、お互いにコミュニケーションの取り方がわからなかったのかもしれません。今回は地域の方に直接お会いしてお話をお聞きしたことが、お話いただいた方たちに我々のことを理解してもらえるきっかけになったのではないでしょうか(講師:水内智英さん)」

映像を見ていると、地域の方たちの自然な表情から学生の皆さんの苦労や努力、地域の方たちと築いた信頼関係が伝わってきます。自分が関わっている地域のことを知ることは、学生たちが思っていたデザインに対する考えとどのように繋がっていったのでしょう。


写真左:稲垣美帆さん 右:社本真里さん

「私は立体物や平面のものをつくることだけでなく、何かが形になるまでの過程をデザインだと考えていています。一人では何かをつくることができないということはわかっていたつもりでしたが、改めて人との繋がりがないと何も出来ないのだということを実感しました(稲垣美帆さん)」
「つくった映像から“人”がそのまま伝わってきたことがおもしろかったです。その人たちの雰囲気、喋り方、表情などから、地域のこともよくわかりました。人ほど説得力があるものは無いですね、人と接して何かをつくり出すことに対して興味が湧きました(社本真里さん)」

撮影から編集までの全てを学生の皆さんが担当した「ここのひとと」。映像の撮り方だけでなく編集を踏まえた撮影のポイントを特別講師の方に手ほどきしてもらいながら制作したとのことです。編集中に必要な映像が足りないとわかれば、何度でも撮影をしに行きインタビューを繰り返し、お話をする機会を重ねるたびにその関係性は築かれて行きました。
土(地域)と人に触れたデザインプロジェクトはこれからも続いていきます。来年1月にはウェブサイトも立ち上げる予定とのことで、このプロジェクトがどのような発展をしていくかとてもたのしみです。名古屋芸術大学デザイン学科の皆さんの今後に、私たちはこれからも注目していきたいと思います。




小坂逸雄(PR)

2013.01.15

新サイン



移転前から設置する・しないでボンヤリとしていたstudio正面へのサイン設置計画でしたが、本日無事に工事が終わりました。寒空の下、長時間作業くださいました業者さんありがとうございました。このサインの前でみんなが記念写真なんかを撮ってくれたら嬉しいな、などと思っています。お声がけいただけましたら喜んでシャッター押しますんで、よろしくどうぞ。ご来店お待ちしておりますー。

小坂逸雄(PR)

2012.12.08

変化

日に日に寒くなりますね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。我々grafはstudioを始動させてから早一ヶ月。思ったより、いや、まるでビルへの思いを引きずることなくスタッフ皆で楽しくやっています。楽しくやっているというか、なんだか前よりも社内が明るくなった気がする。明るくなったというか、何に対してでも無いけど、どこか心強さを感じるというか。何にせよ物理的な変化以上の手応えがスタッフの間にあったことは間違いなさそうです。



さて先日、ビル最後の清掃の際にファザードに付けていたサインを取り外しました。ある種、儀式のようなそれは、これまで言葉にならなかった感情が溢れ出る瞬間。のように思っていました(そういう感覚に少し期待もしていた)が、しかしかなりあっさりと終わり、逆に戸惑う始末。一緒に作業していた松井さんも少々拍子抜けした面持ちだったけど、僕が戸惑っていたせいで微妙な変化に気が付かなかっただけなのかどうなのか。松井さん、ポーカーフェイスなところあるしな。

スタッフ皆も戸惑っているのか心境の変化なのか、掃除の際に出て来たバレーボールで遊んでいた流れでgrafバレーボール部が設計チームを中心に結成されることになりました。よくあるパターンだけど、いつまで続くんだろう。続けたいけど。こういうことも続けたらいつもと違うチームワークが生まれるのかな。

最近の僕たちは、そんな感じです。
 

小坂逸雄(PR)

 

2012.11.12

graf bld. から graf studioへ

これまで活動の拠点としてきたgraf bld.から、元家具工場を改装した「graf studio」へと拠点を移しました。grafの活動がはじまってから移転は今回が12年振り2回目のことです。笑いあり、涙ありのいろいろな出来事を作ってきたgraf bld.は私たちの活動そのものを象徴するアイコンにもなっていたように思います。ビルという構造が生んだ不思議な環境を通じて出会うお客様たちと我々が様々な思いや価値を一緒に共有出来たことが、常にgrafをアップデートしてくれました。graf studioでもこの感覚を大切にしながら、皆さんとの関わりから得る発見を僕たちなりに表現していこうと思っています。

ビル最終日までの期間は連日本当にたくさんの方にお越しいただきました。古くからgrafを知る方や特別な思い出がある方、いろいろな方とお話をすることができました。これからどうなるんですか?と、すごく心配される方もいて、まぁ確かに何事かと思うよなぁと申し訳ない気持ちにもなりながら、しかし改めてお客様の応援があってこそ、ここまで頑張ってこられたことを身をもって感じた次第です。お陰様で無事移転作業が完了し、先日10日(土)にgraf studioをオープンさせることが出来ました。たくさんのお客さまにご来店いただき、またたくさんのお花やお祝いを頂戴しとても嬉しく思っています。本当にありがとうございます。

今回の移転ではたくさんの学生ボランティアの方にお世話になりました。重たい荷物や家具、什器を運んでくれたり、ホコリやペンキにまみれながらも楽しそうに作業をしてくれて心強かったです。とても感謝しています、ありがとうございました。皆さんの活躍がなければオープン初日を平和に迎えることは決してありませんでした。是非遊びに来てくださいね。そしてこれに懲りずにまた何か一緒にやれたらと思っているのでよろしくね。
他にもたくさんの方がお手伝いくださったり手作りの差し入れをお持ちくださったり、近くに来たから寄ったよーなど励ましくださりとても元気づけられました。深く深く深く御礼申し上げます。そして移転期間中にお電話やメールの対応が遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます。

さて、ビルの片付けや掃除がまだ残っていますが何はともあれ新しいスタートを切りました。これからも皆さまからの声援に応えていけるような活動を続けて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。引き続きgraf studioでの出来事は、こちらのProgress of grafにてお伝えしていきます。

小坂逸雄(PR)

 

2012.03.22

春の便りを少し

今年は各地で春一番が観測されなかったそうですね。なんとなく残念なような気もしますが、いろいろと身近に春の気配を感じることができるこの頃なのでうれしいです。太陽もいいにおいを運んでくるみたいに照っているし。さて、グラフビルの春も少しお知らせしようと思います。

先日、shopにあるドラセナに花らしきものがついていることをショップスタッフが教えてくれました。これ、花なのかな?触るとポロポロと取れちゃうので、この蕾らしき状態で満開なのかどうなのか。でももう少しボッといきそうな勢いも感じるんですけど。


ドラセナって花が咲くんですね、とても意外。感動しました。花が咲くということは、実も成るのでしょうか。grafでもお世話になっているプラントハンター、西畠清順さんは「花は何かの前兆に過ぎない」というようなことを言ってたっけ。確かにそうだと思う。グッとくる言葉だな。やっぱり花ってワクワクします、不思議だし。


5Fのガーデンにも春の兆し。スタッフの植えたハーブが旺盛に茂るその勢いが気持ちいいです。イタリアンパセリやパクチーなど。左手前のタイムはもうちょっと頑張ってほしいところですが、今後を見守ることにします。



これは何という植物だろう。ご存じの方、いらっしゃいますか。寒さにやられてダメかと思ったけど、いつの間にか蕾がついていて嬉しい。去年インターンで来ていたスイス人が植えていった植物のうちのひとつ。



冬に植えたアリッサムとビオラも春の日射しを受けて元気そうに見えます。写真左のやつは花びらを虫に喰われていました。アリッサムは蕾がたくさんだったのでこれから楽しみです。



いい季節だし、何か種でも蒔こうかと思います。


小坂逸雄(PR)

2012.02.01

肥後橋から

朝起きて窓を開けると隣の家の屋根が濡れていました。外気の湿度や温度になんとなく春が近づいていそうな事を期待しつつ、止めている自転車のサドルが濡れていることをなんとなく疎ましく思って、今日は電車で出勤することにしました。駅を降りたすぐのコーヒー屋さんでの、いらっしゃいませから注文をして商品を受け取るまでのたったの1〜2分のやり取りが好きで、それを楽しみにしながら濡れた足元に気を付け歩きます。電車では昨日買ったばかりの本を読みました。いつもの出勤ルートでは無かったので、月初めの通勤途中の楽しみにしているいつものおじちゃんから買うBIG ISSUE最新号は明日以降のお楽しみに取っておきました。コーヒー屋に立っていたスタッフの人ははじめて見かけた方だったけど、楽しそうにしゃべりかけてくれてうれしかったです。途中立ち寄ったコンビニのお兄さんは夜勤明けなのかロレツがまわっていないのがとても気の毒でした。駅を降りてから10分弱で会社に着きますが、僕は早足なのでそんなに時間はかかっていないと思います。月初めなので午前中に今月のスケジュールの確認をわりとしっかり目にしました。早めのランチをするために入った2Fのカフェは気が付けばもう満席になっています。店内の賑わいをBGMにしながら、今日はこの記事を書いています。webトップページのムービーではオグルスノリヒデさんとthe teachersの冨岡さんがこんなことを歌っています。

小坂逸雄(PR)

_____

ゆっくりと歩いている 風が流れるままに
ゆっくりと歩いている 五月の大きな木の下で
ゆっくりとたたずんでる 風の音を聞きながら
ゆっくりとたたずんでる 君に歌ってあげるよ

肥後橋の道を毎日 川の横を歩き歩き
階段を昇りは下り 君は笑顔

ゆっくりと歩いている 雲が流れるままに
ゆっくりと歩いている 五月の太陽の下で
ゆっくりと寝転んでる 見上げる若葉のにおい
僕は考えてる 遠くで暮らす君のことを

肥後橋の道を毎日 川の横を歩き歩き
階段を昇りは下り 君は笑顔


肥後橋から
ogurusu norihide & the teachers eri tomioka

2012.01.18

おそろい



本日はちょっとした社内企画として"spologumレギンスデー"を行いました。
現在shopで開催中のワークショップ"Dish up"に関連して取り扱っているspologumさんの商品の中にレギンスがあるのですが、このレギンスをもっているスタッフが結構いたので「みんなで揃ってはいてこよう!」というただそれだけの企画です(笑)。しかし、これが結構楽しくて、前日からこのレギンスにどう服合わせていこう?と悩んだり、朝出社して、ほかのスタッフがレギンスはいているのを見合わせてにやっとしたりと、ただみんなでレギンスをはいてきただけなのに、1日ウキウキしてました。
spologumさんのレギンスはパンチがきいているものが多くて、正直買うときもどれにしようかとかなり悩みました。大人しめの合わせやすい色にするか、冒険した色にするか.........。ふみさん(shopスタッフ)に相談したところ、「冒険した色を選んで新しい格好に挑戦した方がおもしろいよ!」とのアドバイスをいただき、ちょっと冒険してライトグレーのショッキングピンクやホワイトで模様の刷っているレギンスを購入しました。家にかえって履くまで似合うのかちょっと不安だったのですが、実際はいてみると想像以上にしっくりきて、かわいくて。これにどんな服あわせよう?と考える時間もたのしくて。レギンス1つですが、夜中に充実した時間を過ごした気がします。
今朝の朝礼でレギンスをはいてきたメンバーで写真をとりました。撮影中はしゃいじゃってはしゃいじゃって。みんなiphoneだしてパッシャパッシャ写真をとるから記者会見みたいでした。朝からテンションもあがり、今日はみなさんもちょっとウキウキして働けたのではないでしょうか?
女性はもちろんですが、男性スタッフの短パン+レギンスがかわいかったので、もってないスタッフから「はいてみようかな?」という声も。これをきっかけにレギンスデビューとかしてくれたらうれしいです。
次はこの子をどこにはいていこうかな。ライブとかよさそう。ちょっと違う感じの服とかにも挑戦してみようかな....などいろいろ想像しちゃってます。
お気に入りのモノがまたひとつ増えました。



田原奈央子 / PR

2012.01.15

花を植えながら、ぼんやりと。



ビルの5Fにあるガーデンに花を植えました。季節が季節なので寒さに耐えられるか心配だけど、購入の際にお店の人にアドバイスをもらい、比較的寒さに強いというビオラと細かい花がかわいらしかったアリッサムを選びました。
植物が好きなのでデスクにも鉢を置いています。僕にとって植物は愛でて楽しむということの他に、植物と向き合うことで限りなく自分の心と向き合う感覚と近づけて捉えているところがあります。植物を通して自分の心を見つめることで、一人の時間というものを作り出す、ということをしているのかもしれません。うまくこの感覚を説明出来ないんですけど。
一人の時間が満たされる結果として、そのことが僕が誰かとのある関係性に気が付くきっかけになったり、関係性に気が付くことでその関係性がさらに育まれたり、僕が誰かに発する言葉にも思いやりが含まれてきたらいいなと考えています。たとえば植物に水をあげるときの感覚みたいに。そんな風な意識を持たなければ関係性なんて何も変わらないかもしれないから、そう考えた方が僕の心には健康だと思うし、根拠はないけれど世間にとっても良いことのようにも思う。植物に水をあげながらそう思っています。たぶんですけど。
この一連の僕の心で受け止めた出来事は、あくまで僕の中で常に完結していることですが、社会活動を通じることによっていつの日にか何か形となって社会に還元されたらいいなぁと思っています。そういう気持ちを植物と一緒に育んでいるのかもしれないし、そうだったとしたら今はそのための準備期間と捉えるのも楽しいので、今そう思いついたことをここに忘れないように書き留めることが出来てラッキーです(しんどいときに読み返してみようかな)。

関係性を意識をすると変わってくること。たとえば「ありがとう」という言葉に対する再認識だったりとか「うれしい」と感じるときの気持ちのこととか。そこに対する意識を、もっと繊細にしていけたらなと、そう思っています。今回はせっかくなので先日webのトップページで発表されたgrafの年間テーマ“RELATIONS(関係性)”ということになぞらえて、ちょっと考えてみました。服部さんが喋っていた内容の意味合いとは違うけれけど、いまのところ僕は関係性という言葉だけを考えると、こんなようなことを考えています。花を植えたりしながら。ぼんやりと。

小坂逸雄(PR)

2011.12.26

Progress of graf

grafのwebサイトをご覧の皆さま、こんにちは。
日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。

お陰さまをもちまして弊社webサイトがリニューアルし、私たちの各活動を皆さまにきちんとご紹介、ご説明できる場が出来たことを、スタッフ一同大変嬉しく思っています。ご存じの方も多いことと思いますが、私たちは家具のデザイン製作から、ショップ、カフェの運営に、設計やグラフィックデザイン、イベントの企画運営に至るまでの様々なプロジェクトを「暮らしのための構造」というキーワードの下、活動を展開しています。そんな私たちが拠点としている大阪の中之島にあるgraf bld.(グラフビル)で、私たちは、各々が専門的な業務に従事しながら、皆さんと同じような季節の移ろいを風の中に感じ、ビルに遊びに来る皆さんの笑顔から日々の喜びや充実感をいただき、それら大小さまざまな感動を胸に秘めながら毎日を過ごしています。

何かがあった日も無かった日も、その日その時、私たちが何をどう感じ、どんなことに想いを馳せるているのか。そういった視点/観点からのgrafの日常をスタッフそれぞれが書き綴っていこうと思います。この "Progress of graf" を通じて、皆さまが私たちの取り組みから"体温"のようなものを感じ取っていただけるきっかけになればと、そのように考えています。

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、新鮮な発見や驚きをもとにgrafをつくっています。そんな私たちの"Progress"です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

grafスタッフ一同