Progress of graf

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、
新鮮な発見や驚きを素にgrafをつくっています。

2013.12.07

木のスプーンづくり at ふくやま美術館



11月23日(土)にふくやま美術館にて開催されていた特別展「観じる民藝 尾久彰三コレクション」の関連イベントとして、スプーンづくりのワークショップを開催させていただきました。各地で開催されているワークショップは「つくってわかる?ツールのルーツ!」と題して、スプーンやナイフ、器などを参加者の皆さんに製作していただいてます。つくるたのしさを伝える機会としてはもちろんですが、もう一つの目的としては、普段使っている道具が「なぜそういう形をしているのか」を考えながらつくってみるところにあったりします。 持った時の手への馴染み具合や、道具を握りしめたときに手のどこに力が入っているか、スプーンならばすくう部分の深さやその角度、スプーンを口に含んだときの丸みなどと、あまり気にしなかったであろうことを改めて観察してみることで、道具そのものにも興味や関心が生まれてくるし、つくるものの形にもしっかりとした理由や目的などができると考えているからです。とはいえ、やっぱりたのしんでつくってもらうことが一番なので、別に内容的にはアカデミックに偏っているわけではないのですが。



写真右側のような角材を切って、削って、やすって、塗装までおこないます。左側は参加者の方がつくったスプーンです。とてもすてきな佇まい。つくられたモノは、つくった方の雰囲気をまとっているように見えるから不思議です。塗装までの所要時間は、毎回なんだかんだで4時間くらいかかってしまいます。長時間なのにも関わらず、皆さんの集中力には毎回感心してしまいます。



今回参加された方の中に、ご自身が気に入って使っているというスプーンを持参された方がいらっしゃいました。丁寧に鉛筆で下書きをして切り出し、ノミ、小刀、やすりをつかって慎重につくっていました。楽器を練習するときも楽譜を見て、曲にあわせて演奏して技術を高めたり技法を知ったりしていくし、スプーンをコピーするというのはおもしろい方法だと思いました。





形の話だけでなく、木を削ってみると、堅いところやそうでないところ、木目の流れる向きで刃の入り方が違ったりと、意外といろんな発見が多いかと思います。素材に実際に触れてつくってみることで得た気付きから、身の回りのものの見方にもうひとつの視点が加わったのだとしたら、ワークショップをした僕たちの意義としてとてもうれしいです。

今回もまたたくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。わきあいあいとした雰囲気でとてもたのしかったです。ふくやま美術館の平泉さん、羽原さん、関係者の皆さま、たいへんお世話になりました。またぜひ福山に遊びに(仕事です)行きたいです。講師を勤めた手塚くん、稲毛くんもおつかれさまでした。

小坂逸雄(PR)






2013.12.02

木のスプーンづくり in 豊中市(大阪)



grafのラボスタッフ(家具職人)たちによる「木のスプーンづくり」のワークショップを、先日開催されたとよなか産業フェア内にて行いました。ちょうど一年前に家具工場を豊中市に移転し、新参者として地域との関わり方を探っているところだった私たちにとっては、とてもよい機会でした。木のスプーンをつくるワークショップは、「つくってわかる?ツールのルーツ!」と題して各地で開催していますが、今回は晴れて地元での開催と相成りました。



講師を勤めた手塚くんが発した「今回は市販されていないような激しいモノをつくってみましょう」という意外でナイスなひと言で、参加者のリミッターが外れたのでしょうか。皆さん大胆な形に挑んでいました。今回は作業時間や対象年齢の関係で、スプーンのすくう部分はあらかじめラボスタッフたちが下準備をし、参加者の方には主に持ち手の部分を加工してもらう形で進めましたが、それでも思うように削ることができない木の扱いに皆さん悪戦苦闘。しかし祈るように木を削る姿は修行僧のようで圧巻でした。



「つくったスプーンでなに食べるの?」「カレーっ!」「シチューっ!」(声デカっ)。自分でつくったスプーンで食べる料理は最高においしいと思うよ。そしておいしかったらお母さんにお礼のスプーンをつくってあげてね。やっぱりつくるからには目的がないとね。

ということで、grafの家具工場は豊中市にございます。来年のワークショップ開催計画も徐々に進めていますので、その時は皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

小坂逸雄(PR)

2013.04.06

How to make a 家具

3月31日(日)に How to make a 家具 のWSを、豊中のlabo(家具工場)で行いました!
15名の参加者の方々に、家具職人となって家具(スツール)を作るWS。

実際に家具職人と一緒に製作し、気に入った家具を購入するのとはまた違った”自分で作った!”という満足感と共に、
家具を使っていってもらいたい、という想いから始まったWSです。
実はこのスツールは、このWS用に設計しました。
限られた時間の中で、僕たちのものつくりの一端を楽しんで体験してもらうために考えました。

/// 制作手順書 ///


/// 制作風景 ///













ご参加頂いたみなさんに、”自分だけのこだわり”を持って作ってもらいたいと3つのポイントを用意しました。
・座面の裏側の縁の形状 → 手で持った時の感覚。
・クサビの向き
・仕上げの色(5色から)
皆さん、悩みながらもこだわって頂けた様子で良かったです。

今回、「これからの家具屋」について可能性を感じました。
しっかり作られた家具は、大事に使ってもらえたら、その分長い間使っていくことができます。
”長く使い続けてもらう”家具を目指して僕たちは、デザインや製作方法を日夜考えて取り組んでいるのですが、
”長く使い続けてもらう”ために、何が一番大事か?となったら”愛着”に他ならないと思います。
それは、僕たちのものつくりで大事にしていることで言えば「80%までを作り、残り20%を使い手に育んでもらう」
考え方に繋がるのですが、もう一つ深いところからのアプローチができるとしたら、このような「一緒に家具を作ること」
なのではないかと思い、それこそ「これからの家具屋」の一つの役割なのではないかと思ったんです。

とても当たり前のことを言っているとつくづく思うのですが、この可能性が確信に変わるまでは繰り返し取り組む以外にないと思っています。
引き続き、このような labo WS を 家具職人と共に取り組んで行きますので、ご興味持って頂けるとうれしいです!

改めまして、3月31日、ご参加頂いた皆様、有り難うございました!!

shop 小松

2013.02.13

六本木で会いましょう


寒い日が続き、春の暖かさが恋しい季節です。
さて、このたび東京の六本木にあるアクシスワークショップを開催します。
いつもは大阪で家具をつくっている僕らgraf labo のスタッフが全員で行っての開催です。
laboで普段家具を作る為に使っている様々な種類の木を材料に、デザインして、加工して、磨いて、塗装して、世界に一つだけの自分のツールを作りませんか?途中に僕らがデザインのことや木のことや加工のコツなどを話しながら作業していきます。
作るものはスプーンとナイフと小皿です。
スプーンではカレーを食べる為のスプーンや砂糖をすくうスプーンなど自分にあった匙加減のスプーンを作ります。
ナイフではバターやジャムの容器に合わせたものを、小皿ではお菓子や小物をいれるような平皿を作ります。

きっと作業を通して世界の見え方が変わるような、いろいろな発見があると思います。それではlaboスタッフ一同でみなさまの参加をお待ちしています。
六本木で会いましょう。

小寺(labo)

 

2013.01.23

ラボ(家具工場)にて

家具工場スタッフの誰からともなく「今年はワークショップをたくさんやりたいね」という声があがっていたので、年頭からアイデア交換やミーティングをちょくちょくしていました。だいぶ案がまとまりつつあったので今日は作業現場を見ながらの打合せのため移転した新ラボ(家具工場)へ。作って楽しいモノを、出来上がって嬉しいモノを、ということもそうだけど、いろいろまとめるとやっぱり家具作りのプロセスが充実するものにしたいという考えもあって、今年のワークショップはこれまでにくらべ凝ったものになるような気がします。昨年開催した「How to make a 家具」も、もう一度やることになりました。冬の工場は寒いので、開催は春が近づいた3月中旬以降を予定しています。写真はそんな寒さの中、出入り口付近でオビチェアを作りに集中しているラボスタッフ。いつも力仕事お疲れさま、風邪ひかないようにね。ワークショップでは彼らが講師になりますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

小坂逸雄(PR)

 

2012.12.18

Ichimatsu Wall

先日、お客様の新居に家具の納品とオーダーいただいた建具の施工に行ってきました。


Bookcase


Ichimatsu Wall、Smooth Low Board


今回は、お客様の引越し先がリノベーションするとのことでその内装に合わせてgrafのオリジナル家具だけではなく壁一面を施工させていただきました。工事段階から打ち合わせと現場調査を行い施工したのが上記写真のIchimatsu Wallです。

この市松模様の壁は、L字のステンレス製の棚板をお客様の好みの場所へ取り付けることが出来るものです。市松のスリット部分にぴったりと棚板が収まります。施行当日、お客様も棚板の位置を楽しそうに考えておられました。L字の向きも上下左右自在なので付け方ひとつで壁に生まれるリズムが変わってきます。

さて今回のIchimatsu Wallは、15年前にgrafが発足した場所、南堀江のショールームで使われていたものと同じ仕様の壁面なのです。その後、grafが中之島に移りgraf bld.の4Fにあったカフェ“ソクラテス”でも使われていました。

S様とIchimatsu Wallとの出会いはソクラテスでした。そして数年の年月が経った今回、オーダーいただきお客様のお部屋に合わせて作らせていただきました。

 

稲毛(labo)

 

2012.07.20

How to make a 家具

年明けにこのProgress of grafでにわかに開催の宣告していたワークショップを、先日の日曜日にようやく実施することが出来ました。その時は3月中にやりたいだとか言っていましたが、なんだかんだ色々していたら夏になってしまいました。梅雨も明けて毎日蒸し蒸しと暑いですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のワークショップは告知早々からお問い合せをたくさんいただき、これまでに無い早さで定員になりました。そんな皆さんからの期待に過剰反応したのか、ボクはワークショップ前夜に金縛りに遭うわ、うなされるわ。おまけに就寝中に舌を噛み切ってしまい流血をしたりと、なかなか穏やかではない目覚めでした。さて、ボクのそんな朝とは比較にならないくらい穏やかにワークショップはスタート。今回は参加者のみなさんに家具職人になっていただくという役回りを設定していたので、みなさんはデザイナーの描いた図面と治具という道具を駆使してもらながら製作をしていきます。


みなさん、難なくスイスイと作業をしていたので簡単過ぎたかな?とこちらが少し焦ったりしたのですが、カンナやノコギリを使うところでやや苦戦しはじめてニヤリ(失礼)。道具を使うときの動作の単純さとは裏腹に、持ち方や力み方にコツが要る道具というのが面食らったんでしょうか、なかなかしんどそうでした。それぞれの方がそれなりにいろんな困難にぶつかっていましたが、微妙な角度をがんばって削り出したり、うっすらとキズのついた表面を丹念に仕上げたり、塗装のムラに気を付けながら慎重に刷毛を滑らせたりと、すごく細かいところまで神経を使いながらも集中を途切れさせることなく皆さん最後まで頑張っていました。
今回のワークショップは、家具造り体験を通じて、モノのカタチとデザインとの関係や意味などに気付いてもらうことがひとつのポイントでしたが、とはいえ難しいこと抜きにして、こうやって集中して一生懸命気持ちを込めてモノを作ることも単純に気持ちいいもんだなぁと改めて思いました。 皆さんの満足そうな表情を見ながらモノを作る時に込められた想いが、モノのどういうところに立ち現れてくるのかということに気付かされたように思います。みなさんありがとうございました。ボクたちも楽しかったです!

小坂逸雄(PR)



ワークショップの様子はこちらでご覧いただけます。

2012.06.14

laboの梅本さん

つい先ほど瞬発的に感動したのでご紹介します!

今年に入り、木工経験豊かな梅本さんという方が、
laboのアドバイザーとしてわざわざ吉野からお越し頂いてます。

設計をする僕らにとっても良きアドバイザーで、
わからないことがあるとすぐに聞きに行って、すぐに応えてくれます。

それでいて、木工作業の時には、少年のように楽しそうに作り、
無理難題を投げかけても、笑いながら楽しそうに悩んでくれる。
仕事においても、人生の先輩としても、とても尊敬できる、そんな方です。

そんな梅本さんのお仕事に感動!
この写真わかりますか?
家具シリーズ Narrative の Round Stool の脚ですが、その足先の面取りの風景。

同じモノを何個も作るために使う、モノサシのようなものを「治具(ジグ)」というのですが、
梅本さん、即興で治具を作ってました。
天板へ電動ヤスリ(ベルトの部分がヤスリで、回転して木を削ります)を木端を重ねてCクランプで固定し、
電動ヤスリへ脚を均一に当てるために直角を出した治具をCクランプで固定し、手で回転させて面取る。
一本あたりの面取りは5秒。

良い職人ほど、治具を上手く作る。
とは良く言いますが、そこには応用力も含まれることを今日学びました。
まだまだ学ぶこと多し。本当に有り難い。
一生勉強を覚悟した瞬間でした。

設計 / komatsu

 

2012.01.27

木サンプル

寒い日が続きます。
暖房の無いlaboでの作業は少々こたえます…

さて、先日ショールームのスタッフに「木サンプルが減ってきた」と聞いたので、木サンプルを作りました。
家具を検討されている方や、遠くにお住まいでお店まで来れない方にお渡ししている、色や仕上げや感触などを伝えるためのサンプルです。
小さな木を5色の色で塗ってオイルで仕上げました。
乾燥のために並べられている姿は、なんだか愛らしいです。

サンプルですが、少し凝ってます。
角の面を取ってgrafの焼き印を押しています。
この木がサンプルの役目を終えたときに捨てられず、どこかに飾ってもらえたりコースターになっていたらいいなぁ。
そう思う訳です。

labo/小寺