Progress of graf

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、
新鮮な発見や驚きを素にgrafをつくっています。

2013.11.29

柚子の収穫


大阪はここ数日で突然冬になりました。風も冷たく厳しくなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。先日、箕面ビールさんにお誘いいただき、D&DEPARTMENT PROJECT OSAKA店のスタッフの方たちと柚狩りに行ってきました。天候にも恵まれ今よりも気候は高く、ピクニック気分で楽しみました。とはいえ、一応目的は箕面ビールさんの人気商品「ゆずホ和イト」のための収穫のお手伝いです。箕面ビール本社に集合し、そこから車に揺られること小一時間。能勢茸屋本舗に到着しました。原木栽培のしいたけ狩りとバーベキューが出来る、食いしん坊にはたまらないところ(でも、今回は箕面ビールさんの人気商品「ゆずホ和イト」のための収穫のお手伝いです。いちおう)。驚くほどあっさりとした収穫時の注意が説明された後、皆収穫に取りかかりました。



小豆島カタチラボに於いて、各会期開催された“お弁当の会”のたびに小豆島の農家さん方を訪ねたことで、grafでは収穫王子の異名を持つことになった、なっかん(中野隼)も同行。収穫作業がはじまると皆、無言になっていきます。料理をするときも感じるのだけど、刃物を持って食べ物と向かい合うときは、どこか厳かな気分になります。黙々と柚子と向かい合って精神統一。



収穫体験というのは、はっきりいって農産者の方たちのお仕事のほんの一部分のことなので、ここだけを体験して「たのしい!」と言い切ってしまうのはたいへん恐れ多いのですが、しかしポコポコ実を付けた木を目の前にするとやっぱり単純にたのしい気分になります。今回収穫した柚子の木は、実生(接ぎ木せず種から育てたもの)から育てられたものだと聞きました。聞くところによると、実生の柚子の木は実が成るまでに十数年かかるそうです。拝みたくなる時間のかけ方に感動。おいしいものが自分の口に届くまでって、やっぱり時間がかかるものなのだな。能勢茸屋本舗さん、箕面ビールさん、貴重な体験をありがとうございました。今回収穫した柚子をつかって、現在収穫王子はお菓子の試作中です。近日中にメニューに登場し、皆さまのお口へとお届けしますので、どうぞお楽しみに。

小坂逸雄(PR)