Progress of graf

あなたと同じ日、同じ季節。私たちはあなたと同じように暮らしながら、
新鮮な発見や驚きを素にgrafをつくっています。

2014.03.01

スポロガム、刷ル?

2月23日からスタート致しましたPERSONAL。今回はSPOLOGUMを迎えての企画です。2月22日に開催致しました「TOO TOO TOO de Da Da Da !」で生まれた作品や、grafとの共同開発した商品と多数のアイテムを楽しんで頂けます。そして、SPOLOGUMとの企画では恒例のシルクスクリーンのワークショップ。もちろん今回もあります。期間は3月4日~16日の平日限定で開催致します。そして先日、準備も兼ねゲストを招いて先行でワークショップを行いました。来て頂いたのは、SPOLOGUMのお取り扱いもあるアパレルSHOP、「Johnbull」の梅田店スタッフでもあり、「DOBERMAN」でトロンボーン担当の末廣一仁さん。「Johnbull」の社長とも交遊がある、美容室「Maruche'(マルチェ)」のオーナー、石丸久美子さん。映像ディレクターで「Frame bird」の代表の上球音さん。フリーランスPAエンジニアの田口淳一朗さん。「ANGERS」スタッフの竹内由里子さんの5名。

写真右:末廣一仁さん 写真左:上球音さん

今回のワークショップは、参加して頂く方にプリントしたいアイテムを持参して頂く内容です。SPOLOGUMさんからお借りしたインクは、布など水分を吸い込む素材であればインクが定着して洗濯しても落ちないということなので、末廣さんたちには服を中心に準備して頂きました。末廣さんは、大胆にもセットアップの服に同じプリントをされました。なんとも贅沢なキャンバスです。着なくなった服を生まれかえさせる事はもちろんですが、まだまだ着れる様なアイテムにワンポイントも素敵です。graf スタッフが「そんな良い服に刷っても大丈夫ですか?!」と聞きたくなるぐらい、次々とプリントして頂きました。

そして石丸さんは、実際美容室で使用されている、カットクロスに大胆にプリント。服のリメイクがメインになるだろうと思っていたワークショップで、お仕事に使用している道具のカスタマイズをして頂けたのはとても感慨深いものがありました。今現在、実際に使用しているという事なので、気になる方は是非、Maruche'(マルチェ)に髪を切りに行って頂ければ、実際に観る事が出来ますので是非。

写真:石丸久美子さん

末廣さん達は、音楽イベントを企画する事もあります。楽しみ方を知っている方々なので、スタッフが基本的な説明をしたら、制限時間の中で楽しめるだけプリントを楽しんで頂けました。中には、着ている服に直接プリントを刷るアクロバットな光景も登場。刷りやすい平面ではなく、立体的なものにまで挑戦して頂けました。

写真右:田口淳一朗さん

写真:竹内由里子さん

実際、一度刷ってしまえば二度とインクは落ちません。ですが、程よい緊張感でモノをつくるのは、なんとも言えない気持ちの高揚を感じて頂けます。「うまくいった」や「失敗した」、そんな言葉を今回もたくさん聞きましたが、皆さんその経験を純粋に楽しんでいただけたようでホッとしました。

今回は準備も兼ねていたので僕の知人を招きました。もちろん、知り合いだから気楽にして頂けたかもしれませんが、どんな方が来て頂いても同じように充実した時間を楽しんでいただけると思います。3月4日からワークショップを開始致します。ひとりでも多くの方に、この楽しい体験をして欲しいので、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしています。


shop 澤