Shop

人と人とのつながりを大切に考え、モノとその先にある作り手と使い手の想いが出会うきっかけを提供しています。

2016.04.28

珍奇植物企画「THE EPIPHYTIC -Bizarre Plants Showcase-」スタートです

本日4月28日より人気の珍奇植物企画「THE EPIPHYTIC -Bizarre Plants Showcase-」はじまりました!!今回は、EPIPHYTIC(着生)をテーマに、着生植物を中心としたビザールプランツ(珍奇植物)を展開します。リコポディウム(シダ)やリプサリス(葦サボテン)など、吊るしてお楽しみいただける多種多様の着生植物が勢ぞろい!
企画にあわせて仕入れた信楽のヴィンテージの植木鉢やシャベルなどの農具もご用意しております!マニアックな植物の世界をぜひご堪能下さいませ。

_

THE EPIPHYTIC -Bizarre Plants Showcase-
会期 / 2016年4月28日(木)-5月15日(日)
時間 / 11:00-19:00
場所 / graf (大阪中之島4-1-9 graf studio 1F)
主催 / graf
協力 / STRAIGHT
問合せ / graf shop
tel.06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com

2016.04.22

PLANS by graf labo #1 [ POP UP SHOP ] 販売の家具についてご紹介

5月1日(日)に豊中のgraf laboにて開催する「PLANS by graf labo #1 [ POP UP SHOP ] & [ WORKSHOP ]
家具工場”graf labo”からお届けする新しいプロジェクト”PLANS”のはじめての企画です。

目玉コンテンツとなる"POP UP SHOP"では、grafオリジナル家具シリーズ"Narrative"などのユーズド家具を中心に販売いたします。
脚先が欠けていたり、塗装の色が滲んでしまっていたりして、正規品としては送り出せないものや新商品を開発するために製作した試作品、そして、grafの家具を購入していただいたお客様から引取った家具等に、家具職人がリペアを施しました。
Obi Chair、Arm Chairなど、約30点の販売を予定しております。その一部をご紹介いたします!

_


No.1 / Obi Chair navy
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))


No.2 / Obi Chair navy
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))


No.3 / Obi Chair white
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))


No.4 / Obi Chair white
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))


No.5 / Obi Chair gray
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))



No.5 / Obi Chair black
¥34,800(税込)(定価 / ¥62,640(税込))



No.7 / Round Chair wood
¥30,000(税込)(定価 / ¥54,000(税込))


No.8 / Round Chair green black
¥30,000(税込)(定価 / ¥58,320(税込))


No.9 / Round Stool basic brown
¥16,000(税込)(定価 / ¥30,240(税込))


No.9 / Round Stool basic brown
¥16,000(税込)(定価 / ¥30,240(税込))



No.11 / Kata Arm Chair ※廃番商品
¥26,000(税込)


No.14 / Side Table 
¥13,000(税込)


No.16 / Coffee Table(Wide)light brown
¥89,000(税込)(定価 / ¥120,960(税込))



No.24 / high stand ※非売品
¥48,000(税込)
W 350 / D 350 / H 870

_

この他にも、限定のアイテムがgraf laboに並びます!
どれも1点ものなので、お見逃しのないように。

みなさまのご来場お待ちしております!
 

PLANS by graf labo #1 [ POP UP SHOP ] & [ WORKSHOP ]
日時 : 2016年5月1日(日)11:00-19:00
場所 : graf labo (大阪府豊中市穂積2-1-13)google map
※阪急電車服部天神駅より徒歩約15分
※お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
お問い合わせ : graf labo 
tel : 06-6867-3252  
mail : labo@graf-d3.com

2016.04.12

MUYAのシャツについて

今週末まで開催の「日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale」。
和歌山のアパレルブランド”MUYA”の2016年春夏のコレクションが店頭に並んでいます。

-
MUYAのシャツは、数ある最上級の生地のうちのひとつ”スイスコットン”を使用しています。
60番手の糸を使用し高密度に織られた生地は、洗えば洗うほど風合いが増し、柔らかい雰囲気が現れます。


すべてのシャツが一度撫養さんの手によって洗われて私たちの元に届きます。
それも撫養さんのこだわりのひとつ。
洗うことで自分の作りたいサイズに落とし込むということ、そして、日常のさまざまなシーンで着てもらいたいと、洗いざらしのリラックスした雰囲気を大切にしています。

余計な加工や装飾をせず、シンプルで機能的なデザインのシャツたち。
日々の様々なシーンでその装いを変え、幅広い着こなしのできるシャツです。




60/1 Atelier Shirts Relax
color / White,Black,Blue


60/1 Atelier Shirts Relax Stripe
color / Blue


60/1 Stand collar Shirts Stripe
color / Blue


60/1 Stand collar Shirts Stripe
color / Blue


60/1 Atelier Shirts Relax Gingham
color / Nvy


60/1 Stand collar Shirts Gingham
color / Nvy



60/1 Regular Shirts
color / Off White,Nvy


60/1 Regular Shirts
color / Blue

すべてのアイテムがコットン100パーセントの日本製、価格は¥14,800(+tax)となります。
ユニセックスとなり、サイズは0〜3の4サイズを展開しています。

すべて在庫が限られていますので、お求めのアイテムはお早めに。
MUYAのコレクションを一挙にみれることも大変めずらしいので、お見逃しのないように!
ご来店こころよりお待ちしております。


日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale
期間 / 2016年4月7日(木) - 2016年4月17日(日)
※16日(土)17日(日)はデザイナーが来店します。
時間 / 11:00 - 19:00
場所 / graf (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F tel.06-6459-2100 )
定休日 / 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ / graf shop
tel.06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com
 

2016.04.08

MUYA / 撫養健太インタビュー

4月7日よりスタートした「日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale
MUYA”は和歌山で活動されている撫養健太(むやけんた)さんのアパレルブランドです。
自分に嘘をつかない正直なものづくりをしたいという思いから、ご自身の名前をブランド名にかかげ、服作りをされています。
「「水」のような何にも属さない、着る人のスタイルで変化し、姿や表情を変えるもの」をコンセプトに作られたMUYAの服は、シンプルで機能的なデザインと体に馴染む質感をもちます。家具や器と同じように、暮らしの道具としてとりいれたくなるアイテムです。
今回は、撫養さんに”MUYA”をはじめるまでのお話しと、ものづくりに込められている思い、そしてこれからのことをお伺いしました。


撫養健太
MUYA / 撫養健太
1982年 和歌山県生まれ
2014年 服(MUYA)と写真にて独立。
地元和歌山県白浜町にてショップ兼撮影スタジオを持ち、
服作り、写真撮影を日々の活動とする
_

大阪の専門学校への入学をきっかけに大阪へとやってきた撫養さん。卒業後、TRIPに就職し、そこで服作りのいろはを経験します。

「社長(松元明久)につきながら7年間、雑務からお店のこと、営業、服のデザインとすべての業務に携わらせてもらいました。その後、生まれた土地である和歌山でなにかしたいという思いから独立し、2014年1月に”MUYA”をはじめて、その年の4月に第一弾のシャツのコレクションを発表しました。」


MUYA / 2016年のコレクション


和歌山の撫養さんのショップ兼撮影スタジオ

MUYAのシャツは、撫養さんが生地選びから、デザイン、大阪の縫製工場の職人さんとのやりとりなど一貫で行いながら生まれます。
「僕はこれまで服づくりをしていたので、もちろんデザインはしますが、見た目だけじゃなくて、生地をつくる人、縫製してくれる人、販売してくれる人たちみんながフラットな関係になれるようなデザインを服づくりを通してしたいって思っています。僕は独立してやっていますが、気持ちとしてはチームでやっている感覚です。」


MUYAのシャツは、ミニマルな控えめの佇まいですが、実際に着て触ってみるとその質感や体に馴染む感覚に驚かされます。
「「水」のような何にも属さない、着る人のスタイルで変化し、姿や表情を変えるもの」というコンセプトにはどんな思いがこめられているのでしょうか。


「僕は、モノではなくヒトが主役だと思いながらものづくりをしています。だから僕がつくるシャツは、その人の着方によってかわるものがいいなと思って、水のようなものをつくろうとコンセプトを掲げました。
ボタンを一番上まで留めたら綺麗に着こなせるし、2つ開けたらすごいリラックスした感じにもなる。
着るひとのくせがでるっていうのがいいなと思っています。ヒトが着た時点で100点になるようなものづくりがしたいですね。」

わたしたちgrafも、ものづくりをするときにヒトが関わることができる”余白”を大切にしています。
モノがあり、そこにヒトが介入することで出来事や発見は、日々の豊かさへとつながります。


「ものづくりを通して僕が伝えたいのは「こういうものがあるよ」っていうことなんです。もちろん日本製にもこだわってて、顔がみえて背景がわかることも大切にしていますが、僕は”MUYA”がいいって言っているわけではないんです。僕はタバコも吸うし、車で排気ガスも出すし、服以外だったら海外製品の安いものも買うし、レトルト食品も食べます。だから、僕のものがいいって押し付けるわけじゃなくて、いろいろなものがある中でこういうものもあるっていうことを伝えたいだけなんです。」

わたしたちはたくさんの情報やモノたちの囲まれて生活しています。その中で、自分の生活に必要な、毎日が楽しくなるモノと出会うことは、簡単なことではないのかもしれません。しかし、撫養さんの服と出会うことで知る新しい価値観は、みなさんの日々の活力やヒントにもつながるのではないでしょうか。


「ものづくりを通して、着る人も作る人も、みんなが楽しくいれる関係性がうまれたらいいなと思っています。アホみたいやけど(笑)今僕は和歌山でショップ兼撮影スタジオをもっていますが、そこをきかっけにコミュニティみたいなものが生まれたいいなって。シャツの次は、今地元の和歌山の工場をつかってカットソーを作りたいと思っています。やっぱり和歌山で生まれたから。次はここでどういう関係性がつくれるかワクワクしてます。」

ヒトを大切にし、関係性を大事にする撫養さんの人柄をそのまま表したようなMUYAのシャツ。ものづくりの誠実さだけでない温かみはそこから生まれているのかもしれません。
撫養さんのこれからの活躍も大変楽しみですね。
「日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale」は4月17日まで。ぜひ店頭にて、見て触れながら、ご体感くださいませ。

(取材・文章 / 田原奈央子)

_

日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale

期間 / 2016年4月7日(木) - 2016年4月17日(日)
※16日(土)17日(日)はデザイナーが来店します。
時間 / 11:00 - 19:00
場所 / graf (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F tel.06-6459-2100 )
定休日 / 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ / graf shop
tel.06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com

 

2016.04.07

日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale

本日4月7日より、「日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale」がスタートしました!
大阪のメーカーから独立し、和歌山にて生まれたアパレルブランド”MUYA(ムヤ)”。
「「水」のような何にも属さない、着る人のスタイルで変化し、姿や表情を変えるもの」をコンセプトに作られています。
整然と並ぶシャツたちからは、ものづくりに対する誠実さと自然体な柔らかさが感じられます。
ぜひ店頭にてご覧くださいませ。

日々をつくるシャツ "MUYA" exhibition and sale
期間 / 2016年4月7日(木) - 2016年4月17日(日)
※16日(土)17日(日)はデザイナーが来店します。
時間 / 11:00 - 19:00
場所 / graf (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F tel.06-6459-2100 )
定休日 / 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ / graf shop
tel.06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com

MUYA / 撫養健太
1982年 和歌山県生まれ
2014年 服(MUYA)と写真にて独立。地元和歌山県白浜町にてショップ兼撮影スタジオを持ち、
服作り、写真撮影を日々の活動とする
http://muya.jp
 

Shop&Kitchen

OPEN / 11:00 - 19:00
定休日/ 月曜日(祝日の場合は翌日休)
大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F
お問い合せ
tel. 06-6459-2100
shop@graf-d3.com