Shop

人と人とのつながりを大切に考え、モノとその先にある作り手と使い手の想いが出会うきっかけを提供しています。

2017.03.20

PLAY × ROOM EASY2WaLL POP UP SHOP

貼って剥がせるウォールマテリアル "EASY2WaLL (イージートゥーウォール)"のポップアップショップを開催中です。



EASY2WaLL は、grafがブランドディレクションを担当している壁紙ブランド "who (フー) " が一般家庭用に開発したウォールマテリアルシリーズ。
専門的な道具は必要なく、ひとりでもすぐに貼ることができ、また剥がして繰り返し貼りなす事が可能な優秀なアイテムです。
剥がした後も元の壁紙を傷めたり糊のあとも残さないため、賃貸住宅にお住まいの方やタバコのやに汚れが気になるところ、また成長に合わせて雰囲気を変えられるので、こども部屋などにもオススメですよ。
ホルムアルデヒドなどの発散量が最も少ない★★★★ (フォースター ) 認定取得製品で安全安心に使用できるのも嬉しいポイントです。




柄のバリエーションも豊富。
grafのほか、アーティストの平山昌尚氏、デザインユニット"groovisions"などのクリエーター陣がデザインを担当しています。
さまざまな空間に取り入れ易い無地はもちろん、個性的な幾何学模様、レンガやコンクリートなどのマテリアルパターンなど、
色やディティールにもひとつひとつこだわった多彩なラインナップをご用意していますので、ぜひお部屋にピッタリの壁紙を見つけてみて下さい。





洋服を着替えるように、お部屋の空間をいつもとは違う雰囲気に変えてみませんか?
日常の景色が変化することで、新たな発見や楽しみが生まれるはず。
今回のgrafでのPOP UP SHOPでは、このEASY2WaLLの壁紙を"Dining" 、"Living" 、"Work Space"、"Kids"、という4つの暮らしのシーンに合わせてご提案しています。

また、" PLAY × ROOM " をテーマに+1 アイテムでもっと楽しく、豊かに日々を彩ることが出来るような日用品もご紹介。そしてEASY2WaLLと同じように、用途や目的に合わせて組み合わせ道具や家具として使用していただけるgrafのプロダクト"TROPE"のアイテムたちもそれぞれのシーンに登場しています。

新生活がスタートするこの季節。新しい空間にも、いつもの空間にも、普段とは違った気分を加えてみませんか。会期中一部壁紙については計り売りも行っております。壁紙としてだけでなく、家具や箱など小物に施してみるのもお手軽に楽しめますよ。ぜひ店頭でご覧下さい。

 

PLAY × ROOM - EASY2WaLL POP UP SHOP -
期間 / 2017年3月18日(土) - 2017年3月26日(日)
営業時間 / 11:00-19:00

場所 / graf  (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F )
定休日 / 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
お問い合わせ/ graf shop
tel. 06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com 

協賛 : WhO ( 株式会社 キャル )

2017.03.07

引出物・引菓子・プチギフトのご提案

grafでは、引出物や引菓子、プチギフトなど、ブライダルギフトのご相談を承っております。


お客様のご希望内容やご予算に合わせたプランをご提案させていただきます。
今回はその中から、一部をご紹介いたします。



国内外問わず、人気の高いシリーズ「1616 / Arita Japan」の商品は、10セット以上のご注文で化粧箱(有料)もご用意できます。バリエーションも豊富なので、希望の価格帯に合わせて、組み合わせも自由にお選びいただけます。
・TY Palace 160(2枚セット) / ¥3,000+tax (熨斗・パッケージ代別途)


大切な人に贈る品として、人気の高いgrafオリジナルブレンドティー。
種類も豊富なので、お渡しする方の好みや季節に合わせて組み合わせを変えるのも楽しいかもしれません。
(写真左から)
pom reaf / ¥1,200+tax
suchea reaf / ¥1,200+tax
Total ¥2,400+tax(熨斗・パッケージ代別)


kitchenではひとつひとつ手作りの焼菓子をご提案いたします。ご予算に応じて詰め合わせの引菓子も承っております。
・パウンドケーキ / ¥400+tax
・塩サブレ / ¥250+tax 
・塩バターキャラメルソース / ¥850+tax


プチギフトで1番人気のカヌレ。タグにお客様のお名前や、メッセージをいれることはもちろん、色やデザインもご希望に合わせることができます。6種類の中からお好みの味をお選びいただき、特別なカヌレのセットに仕上げてはいかがでしょうか。
・カヌレ プチギフト / ¥300+tax ~

__________________
 

もちろん、ブライダルギフトに限らず、
お祝いやお礼の品、大切な人への贈り物など、
店頭、またはメールやお電話にてお気軽にご相談ください。

みなさまの晴れやかな舞台にご協力できることを楽しみにしております。


<お問い合わせ>
graf studio
Shop & Kitchen
〒530-0005
大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F
tel : 06-6459-2100 fax : 06-6459-3233
mail : shop@graf-d3.com

2017.01.23

AOI MATSUKURA exhibition vol.3 アイテムのご紹介

1月28日 (土)からスタートする展示企画”AOI MATSUKURA exhibition vol.3”。
grafでは3回目の開催となる今回も新作やgrafとのコラボアイテムなどをたくさんのアイテムをご用意しています。そのなかのアイテムを少しご紹介します。





1つめはこちらのサークルフレームのレザーバングル。
AOMのブランド初期に展開されていたアイテムが復刻し登場です。



当時は、革という素材や量産することの難しさがありやむなく生産を中止していたそうですが、ブランドを継続していく中で出会った革職人さんのお力もあり、今回の復刻に至ったそう。
カラーはヌメとブラック、そしてバイカラーの3色。サイズ展開も3段階ご用意しているので男性にもお勧めです。
中央のサークルはステンレスを使用。変色せず丈夫に長くご愛用いただける素材です。
革の製品となると、縁の部分(コバ)の仕上の方法により印象が変わりますが、こちらのバングルでは乾燥や汚れを防ぐための必要最低限のクリアコーティングのみを施し、後は職人さんが丁寧に何度も磨きをかけ、使い込むたびに自然に変化する仕上となっています。

LEATHER CIRCLE BANGLE (レザーサークルバングル )
price:¥19,000+tax
color:ブラック / ヌメ / バイカラー 




2つ目も新作となるレザーシルバーバングル。
こちらも3年程前に一度試作されていたものがついに商品化となりました。




革は取り外しすることができ、シルバーのバングル部分は少し力を加えることで若干のサイズ調整が可能です。
試作当時より調整を重ね、革がずれにくいように土台を設計し、革の端に少し厚みを持たせ着用しているうちに反ったりすることのないよう配慮されています。
こちらは、ヌメとブラックの2色展開です。
どちらも素材そのものはもちろん、その素材にどの様に手を加えるか、またそれらが持ち主の元でどのように育ってほしいか。
単なる自己満足ではない部分の真摯な取り組みが細部からも感じ取れ、松倉さんのものづくりの芯のようなものが、ブランド立ち上げ時から変わることなく彼女自身の中にあることを感じられるアイテムです。

LEATHER SV BANGLE ( レザーシルバーバングル )
price:¥22,000+tax
color:ブラック / ヌメ



3つめは、一昨年に開催したgrafでの展示企画の中でコラボレーションアイテムとして発表された藍染めシルク糸のピアスシリーズより、新しいアイテムとなるピアスと組紐のリングのご案内です。



今回の製作にあたって、自宅での藍染め作業を開始し、数々のサンプル製作を経て発表されました。組紐リングは昨年東京での個展で発表されたものをgrafでの限定カラーとして展開します。写真の3段階の色味をご用意しています。
他のリングとの重ね付けの際も程よいアクセントとなってくれそうなアイテムです。
シルク糸は、湯洗い、色止め剤の処理を施しており、構造上、染めた組紐部分が直接肌に触れることはないので、色移りの心配もありません。



ピアスは今回こちらの2つのアイテムに絞りました。
写真右のアイテムは、前回の展示で限定販売し大変ご好評いただきオーダーストップとさせていただたもの。
そのデザインに新しく色違いが仲間入りです。どちらも、藍染め特有の濃淡が印象的で素敵です。



INDIGO BRAID RUTH RING(藍染め組紐ルースリング) 
price:¥18,000+tax

INDIGO SILK CIRCLE PIERCE(藍染めシルクビッグサークルピアス)
price:¥9,000+tax
color:ゴールド / シルバー


4つめは、木工職人さんによりひとつひとつ手彫りでつくられるウッドリング。
デザインはもちろん、素材や仕上げについても何度も調整して商品となったアイテムです。
ウッドのみだと、クラフト感が全面に出てしまうところを、相反する金属パーツを組み込むことで、程よい緊張感を持つラグジュアリーな雰囲気を纏うリングになりました。
使用されている樹種は、高級種であるローズウッドとサクラの2種。木の特性や製作の都合上、こちらは1サイズのみの展開となります。




WOOD Polygon RING(ウッド多角形リング)
price:¥15,000+tax
material:ローズウッド / サクラ


その他にも、昨年の東京での個展で発表されたアイテムをたくさんご用意しています。




私たちがいつも驚かされるのは、彼女のインスピレーションの豊富さと、様々なところから受け取ったイメージソースをAOMという自身のブランドのアイデンティティーの中にごく自然に咀嚼し新しいものを生み出す感性、そしてものをつくるということに対する真摯な姿勢です。
今回の展示でも、彼女の新たな取り組みを充分に感じ取っていただけるはずです。
ぜひ、お楽しみに。

 

AOI MATSUKURA exhibition vol.3 @graf
期間 / 2017年1月28日(土) - 2017年2月12日(日) 
作家在廊日 / 1月28日(土)・2月12日(日)
時間 / 11:00 - 19:00
場所 / graf (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F TEL 06-6459-2100)
定休日 / 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ / graf shop
tel. 06-6459–2100
mail. shop@graf-d3.com

 

Aoi Matsukura
松倉 葵
1983年生まれ / 京都造形芸術大学卒業

2011年、独学でアクセサリーの制作を開始。
同年、アクセサリーブランド 『AOM』発表
9月 DESIGNEAST02にて出店

2013年、本格的に活動開始
4月 GLAN FABRIQUE 1week stall『うれしいモノゴト』@阪急うめだ本店10階スークに参加。
6月 別ライン鉱石アクセサリーNEVEを立ち上げる
4月から2回にわたり、京都ソングバードカフェでArchipelagoに出店者として参加。
9月 DESIGNEAST04にて出店
11月 京都hedgehogギャラリーにて初の個展
12月 大阪伊勢丹 DMOARTSにてポップショップ出店

2014年
2月 大阪伊勢丹 DMOARTSにてポップショップ出店
4月 grafにて別ラインNEVEと共にPersonal 03 – AOI MATSUKURA exhibition -展示
その後grafにて取り扱いスタート
9月 FOR STOCKISTS EXHIBITION 2014に出品
12月 NEWJEWELRY 出店

2015年
3月 恵比寿deuxpoissonsギャラリーにて展示
8月 grafにて別ラインNEVEと共に – AOI MATSUKURA exhibition -展示

2016 
6月 恵比寿deuxpoissonsギャラリーにて展示

http://aoimatsukura.com
https://www.instagram.com/a10o12/

2016.10.12

”もの描き”と"額装ワークショップ"

いよいよ今週日曜日開催!!
【”もの描き”と"額装ワークショップ"】


"Narrative16"の新作発表を記念してスタートした企画”Think STANDARD furniture&products”
その企画の締めくくりとして、小澤真弓さんとglaf laboのスタッフがお送りするワークショップ”もの描き”と"額装ワークショップ"を10月16日(日)に開催いたします。



ワークショップの内容は、ご参加いただく方に持参いただいたマイ・スタンダードなアイテム、もしくはこれからスタンダードにしたいアイテムを小澤真弓さんに描いていただき、その絵を額装します。


額は、今回のワークショップの為にデザイナーの松井がデザイン、職人が形にしました。
Narative開発のように、デザイナーと職人が常にコミュニケーションがとれるgrafだからこそできる、豪華なワークショップです。

暮らしに彩りをそえるアイテムをつくりたい方はぜひご参加ください!!

 

日程 / 2016年10月16日(日)

時間 / A.11:00 - 13:00 B.15:00 - 17:00

定員 / 各回5名

場所 / graf studio

講師 / graf
参加費 / 5,000円(イラスト代+ワークショップ代+ドリンク代)

もちもの / マイスタンダードなアイテム
本企画、イベントのご予約お問合せはgrafまでお願いいたします。

ご予約 / 店頭または電話かメールに<お名前><連絡先><人数><希望時間>をご連絡ください。
お問い合わせ / 
tel. 06-6459-2100
mail. shop@graf-d3.com(担当:澤)

プロフィール

小澤真弓 / 絵描き
1984年 東京生まれ
植物や山の景色など、
有機的な自然の姿を直感的にとらえた作風で、
広告や書籍の装丁などを中心に活動。
第157回チョイス 入選
HB FILECOMPE VOL.19 副田高行賞 大賞 

<関連企画>


現在江坂のRINENさんにて開催中の"graf × MUYA × RINEN “Standard - exhibition & pop up shop - “でも、絵描きの小澤真弓さんによる"もの描き"を開催します。
参加は随時受付。みなさまぜひご参加くださいませ。
 

graf × MUYA × RINEN
“Standard  - exhibition & pop up shop - “

期間 / 2016年10月9日(日) - 10月23日(日)
※11日(火)、17日(月)、24日(月)定休日
時間 / 11:00 - 19:00
場所 / RINEN 大阪店 2F
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-34-22
(大阪市営地下鉄 江坂駅より徒歩6分)
Google Map
主催 / graf × MUYA × RINEN
協力 / Trip inc.


EVENTS
絵描き・小澤真弓 presents ”もの描き”
絵描きの小澤真弓さんが、みなさんの”スタンダード”なもちものを珈琲と色鉛筆で描きます!
日程 / 10月15日(土)11:00 - 18:00
参加費 / 2000円(葉書サイズ)
時間 / 30分程で完成
もちもの / マイスタンダードなアイテム(写真も可能)
※参加は随時受け付けます。参加者多数の場合、お待ちいただくこともございますがご了承くださいませ。

2016.10.05

Narrative 16 release event Think STANDARD furniture&products開催中

9月23日(金)よりオリジナル家具シリーズ”Narrative”の新作発表にあわせ”Think STANDARD furniture&products”を開催しております。
設立当初からデザインから制作までを自社で手掛ける”Narrative”に、“Standard(スタンダード)”というコンセプトのもと、ソファやキャビネットなどが新たに誕生しました。

店頭では、新作家具8アイテムを中心とした家具の展示販売とともに、”Standard”をテーマに集めたプロダクトを販売しています。
新作にこめた”10年後、20年後、みなさまのスタンダードなれるようなもの”という想いに沿ったアイテムをセレクトしました。

また会期中には、みなさんのマイスタンダードなアイテムとgrafのものづくりをつなぐ”もの描きと額装ワークショップ”も開催します。
家具を中心としたレイアウトの店内では、ゆっくりと家具をみることができます。
家具をお探しの方は、ぜひこの機会にご来店くださいませ。


開催期間 / 2016年9月23日(金) - 10月16日(日)

時間 / 11:00 - 19:00
場所 / graf studio
〒530-0003 大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F

主催 / graf

ワークショップ
”もの描き”と"額装ワークショップ"
イラストレーターの小澤真弓さんが描いたみなさんの”マイスダンダード”なアイテムたちを額装するワークショップです。

家具職人であるgraf laboのスタッフが講師をつとめ、オリジナルの額制作を行います。
あなたの暮らしに彩りをそえるアイテムをつくりましょう!
日程 / 2016年10月16日(日)

時間 / A.11:00 - 13:00 B.15:00 - 17:00

定員 / 各回5名
場所 / graf studio
講師 / graf

参加費 / 5,000円(イラスト代+ワークショップ代+ドリンク代)
もちもの / マイスタンダードなアイテム
本企画、イベントのご予約お問合せはgrafまでお願いいたします。

ご予約 / 店頭または電話かメールに<お名前><連絡先><人数><希望時間>をご連絡ください。
お問い合わせ / 

tel. 06-6459-2100

mail. shop@graf-d3.com(担当:澤)
 
プロフィール
小澤真弓 / 絵描き
1984年 東京生まれ
植物や山の景色など、
有機的な自然の姿を直感的にとらえた作風で、
広告や書籍の装丁などを中心に活動。
第157回チョイス 入選
HB FILECOMPE VOL.19 副田高行賞 大賞

2016.09.12

神保のパールラボ

Shopでは、9月10日 (土)〜9月19日 (月・祝)まで、滋賀県大津のびわ湖真珠専門店 "神保真珠商店"とともに「神保のパールラボ」を開催いたします。


びわ湖真珠とは、その名の通りびわ湖で育まれる淡水真珠のことをいいます。
一般的な養殖真珠と比べ、びわ湖真珠は母貝となる貝を育てるのに3年、そして貝の中で真珠がカタチづくられるまでに更に3年という長い時間を要します。
また私たちが「真珠」と聞いてすぐに想像するようなまん丸い粒のほかにも、雫のカタチをしていたり平べったいカタチをしていたり、色も柔らかい朱色や深いグレー色など実にさまざまな表情をしているのもびわ湖真珠の特徴です。
養殖には、通常の養殖真珠のように貝殻を加工した核を挿入する"有核真珠"と核を挿入せず真珠全体が真珠層となるびわ湖真珠ならではの"無核真珠"との2つの方法があります。
養殖業者の方々の手によって色やカタチの基礎がつくられた後、真珠が巻かれる最後の3年間は人の手の及ばないびわ湖の中で育まれ、このようなユニークなカタチと美しい独特な色のバリエーションを持つ真珠が完成するのです。









かつては海外への輸出もさかんに行われていましたが、びわ湖の水質の悪化や養殖技術の流出などの影響で長らく衰退してしまっていたびわ湖真珠の養殖産業。
びわ湖の固有種でありびわ湖真珠の母貝となるイケチョウガイも一時は絶滅に瀕していたそうですが、養殖に携わるたくさんの方々の努力と愛情、そして高い養殖技術により改良したイケチョウガイでの真珠養殖が試みられ、2014年、その貝から真珠が取り出されました。





二つとして同じものが無く、ひと粒ひと粒にストーリーを持つびわ湖真珠たち。
今回は、既に完成されたものでは無くまず真珠ひと粒ひと粒に出会っていただきたいと思います。
鉱物のように見えるものや面白いカタチをしたものは、そのまま標本箱に入れて飾ってみてもいいですし、気に入った真珠に出会えたなら、リングやピアス、ネックレスなどその粒をどのように身につけようかというところから考えてみませんか。
会期中は神保真珠商店で普段受注加工を行っている真珠とアクセサリーパーツの他、grafでのオリジナルのピアスベースやヘアアクセサリーの受注販売も行います。
きっと、一般的な真珠のアクセサリーとはひと味もふた味も違ったあなただけの特別なアクセサリーが生まれるはずです。
ぜひ、個性豊かな真珠との出会いを楽しんで下さい。




神保のパールラボ
会期 / 2016年9月10日(土)-9月19日(月・祝)
時間 / 11:00-19:00
場所 / graf (大阪中之島4-1-9 graf studio 1F) 

共催 / 神保真珠商店
協力 / tuareg
問合せ / graf shop
tel.06-6459-2100

mail.shop@graf-d3.com 


プロフィール
神保真珠商店
神保真珠は昭和30年代から「養殖・貿易・商店」でびわ湖真珠の生産販売をしてきました。
びわ湖の環境や時代の変化に伴い、現在は神保真珠商店だけとなりました。
厳しい時代を乗り越え、今もびわ湖で真珠を養殖されている生産者の方々と共に、
びわ湖真珠の魅力を多くの方に届ける活動をしています。


EVENT
出張アクセサリーオーダー会
日程 / 9/10(土),11(日) 17(土) - 19(月・祝) 
時間 / 13:00-18:00 (19日のみ19:00まで)
神保真珠商店の杉山知子さんに在店いただき、選んでいただいたびわ湖真珠をリングやピアスなどお好みのアクセサリーにその場で加工していただくオーダー会を開催いたします!
オーダーいただいたものは当日お持ち帰りOK。
杉山さんがお話してくださる真珠の物語と合わせてお楽しみください。

2016.08.18

Bizarre Plants Showcaseインタビュー

珍しくて不思議な植物の世界を紹介する出版社"STRAGHT"。
アートディレクターと編集の2人組で構成される彼らの植物図鑑は、ただの難しい図鑑とは違い、
植物マニアから一般層の方にまで幅広く楽しんでいただける内容です。また本の出版だけに留まらず、その不思議な植物の世界観を多くの人に伝える為に定期的にイベントを開催するなど、精力的に活動をされています。
そして2016年8月19日(金)多くのファンが待望していた新刊”HOHENBELGIA -Serrate Tanks- / ATSUSHI SATO"の発売が決定いたしました。
その発売を記念して今回、編集を担当している川端正吾さんのインタビューをお届けします。

__________________________________________________________


まだご存じない方へ自己紹介も兼ねて、ストレイトさんの立上げにいたる経緯や想いを聞かせてください。
川端正吾(以下 川端): 植物の本を作る時、もちろん、園芸家さんにたくさんお話をきくんですけど、その話ぶりがホントに情熱的なんですよ。対象の植物が好きすぎて、その魅力を伝えたくて伝えたくて伝えたくて、まだまだ伝えたくて、って感じで、もう自分が今話してる言葉を、思いが追い越しちゃって、途中で何のこと話してるのかわからなくなっちゃうくらい(笑)。そんな熱を帯びた話も、図鑑になるとどうしても平坦な言い回しの解説文になってしまうので、もったいないなぁ、という思いがあって。著者の園芸家の人の思いの熱量をそのまま伝えられるような図鑑があったら面白いな、と思い、植物の解説などをインタビュー形式にした「読む図鑑シリーズ」を作ろう! と、昔から雑誌などで一緒に仕事をしてきたデザイナーの小宮山とストレイトを始めました。

1冊目「UNDERGROUNDS -CAPE BULB BOOK-」のテーマを”南アフリカの球根系の植物”にされて出版されましたが、テーマを選んだ理由と、その反響はどうでしたか?
川端: 南アフリカ産の小型球根たちは、葉が巻いたり、ねじれたり、縮れたり、とてもユニークな姿のものが多くて、魅力的な植物群なんです。でも、ケープバルブの多くは、成長期を終えて葉を枯らしてから、花が咲きます。だから、このユニークな葉と花が共存している状態というのがほとんどないんです。図鑑は、どうしても花のほうを重視しますから、写真として掲載されるのは大半が開花期の写真で、葉は枯れたみすぼらしい状態でしか写ってないんですよ。だから、あの摩訶不思議な葉の姿を主役に据えた本を作りたい、ということで第一弾となったんです。スピーシーズナーサリーの藤川史雄さんは、そのケープバルブの葉の不思議さに、もうずいぶん昔から気がついていて、屈指のコレクションを持っていたので、ひたすら通って撮影させてもらいました。葉を主役にしましたが、やっぱりなるべく花も撮影したかったので、開花期にもまた通ったりして、結局2年くらいかけて撮影しましたね。藤川さんは昔から植物のことを教えてもらっている僕らにとっての先生みたいな存在なので、第一弾は藤川さんと作りたい、というのもありました。小宮山なんて学生時代から藤川さんの店に通ってましたし。


BRUTUSの珍奇植物特集にも関わっている川端さんですが、噂によるとBRUTUSでの珍奇植物特集(※)もかなり好評だったと伺いました。一般的にも"珍奇植物"が広く認知されているという実感がでてきたのではないでしょうか?
※2015年9月1日発売号と2016年4月1日発売号
川端: 趣味色の濃い内容でしたから、かなり内心ハラハラしながら作っていたんですけど、出てみたらとても良い反響をいただいて。まさか、すぐ半年後に第二弾を! なんて話になるとは思ってもみませんでした。もともと多肉植物などはかなり盛り上がってましたし、ちょうど”変わった植物をもっと楽しみたい!”という植物好きの人たちの思いとうまくタイミングがあって、手にとってもらえたんだと思います。

g: ファン待望の新刊「HOHENBERGIA -Serrate Tanks-」ですが前回のキャッチーさと比べてかなりマニアックなテーマだったと思います。恐らくタンクブロメリアですらまだまだ一般的には知られていないジャンルだと思うのですが、ピンポイントでホヘンベルギアを選んだ理由をお聞かせください。
川端: タンクブロメリアの中でも、ホヘンベルギアは、重量感ある壺形になるので、多肉植物を好きな人にはたまらない姿になるんです。あと、育て方によって、かなり姿が変わってくるのも、多肉植物栽培をしてる人なら腕が鳴りますし。しっかり日にあてて、葉焼けするかしないかのギリギリの厳しさで締めて作る楽しさがあるので。ビシッと壷型に育った時のカッコよさといったら、もうこの上ないですよ。僕自身も一番好きな植物です。でも、ホヘンベルギアは、花がとても地味なので海外ではそれほど人気もなくて。やっぱり花が綺麗な種が人気ですから。もっとよく知りたいと思っても、ホヘンベルギアについて詳しく書いてる本がほとんどなかったので、その全貌がわかる本を作りたいな、と。そこで、世界中のブロメリアの文献のほとんどすべてに目を通している文献派の園芸家である佐藤 淳さんに、ホヘンベルギア属の中でも壺形になる種の多い、ホヘンベルギア亜属の全種解説をお願いしました。海外にも専門書がないので、世界中のハーバリウムからそれぞれの種のプロトローグやホロタイプ画像を取り寄せるところからはじまり、コツコツと資料を積み重ね、その全貌を明らかにしてくれました。おそらく世界で初めてホヘンベルギアを専門に扱った本だと思います。佐藤さんは、膨大なデータを精緻に読み解いていく方で、話し方もまるで図鑑を読み聞かせしてもらっているような感じで、理路整然と話すんですよね。だから、「HOHENBERGIA -Serrate Tanks-」はカッチリとした図鑑然とした解説になっています。すべての情報に根拠となる文献データも入っていて、「UNDERGROUNDS -CAPE BULB BOOK-」とはまた違った仕上がりです。こんな感じで著者の人の個性によって、毎回まったく違う雰囲気になる図鑑シリーズになったらいいな、と。藤川さんには今回も、素晴らしいホヘンベルギアのコレクションを披露してもらったり、レオポルド-ホルスティの謎に迫る特別対談に参加してもらったりと、いろいろ協力していただきました。


今後出版予定の図鑑の紹介や活動を教えてください。

川端: 今は、プラントハンターの長谷圭祐さんと、熱帯の雲霧林に生息するミストラバーたちを紹介する本を作っています。これもずいぶん発売時期が伸びてしまってホントに申し訳ないのですが…。図鑑写真はもちろん、彼が巡ってきた自生地の写真もふんだんに使った本になる予定なので楽しみにしていてください。

ありがとうございました!

__________________________________________________________

待望の新刊”HOHENBELGIA -Serrate Tanks- / ATSUSHI SATO"は8月19日(金)よりgrafの店頭、またはonline shopからご購入いただけます。興味のある方は以下のURLをご確認ください。

イベント情報
http://www.graf-d3.com/events/entry/hohenbelgia%20

online shop
"STRAIGHT#02 HOHENBERGIA -Serrate Tanks- / ATSUSHI SATO"
※別ウィンドウが開きます。
 

Straight
川端正吾
マガジンハウスの雑誌「relax」などを経てフリーランス編集者に。Straightでは企画編集を担当。
小宮山英明
グラフィックユニットTGB desigh.を立ち上げ、現在雑誌「MilK JAPON」「mark」のアートディレクターなどを務める。Straightでもアートディレクション全般を担当。
www.straight-books.com

2016.06.07

"Plankton FRP" PLANS by graf labo

grafの定番家具”Plankton Stool”・”Plankton Chair”の素材違いの新商品”Plankton FRP”の販売がスタートしました。

木材を使用していた座面や背もたれ部分にFRP(繊維強化プラスチック)素材を使用し、屋外に置いたままにしても劣化しない、とってもタフな家具が誕生しました。
ベランダや庭でのご使用や浴室、またリビングでも水や汚れを気にせずお使いいただけます。


graf laboのプロジェクト”PLANS”から生まれた“Plankton FRP”。
graf laboは、2012年に大阪市から豊中市へ移転しました。市内にある様々な工場や事業所を訪れ、地域の持つモノ作りの技術やノウハウを蓄積し、2014年から造形工房四次元と協動してFRP製品の開発を続け、2016年PLANS by graf laboの始動に合わせて商品化しました。

FRPは、ガラス繊維等をプラスチック樹脂等で固めて作られる軽くて強度のある素材。わたしたちの身近なところでは、ユニットバスや公園遊具等に使用されています。

graf laboでは、従来のガラス繊維を樹脂で固めるという製造方法を分解し、特殊な方法で繊維を染色して、透明樹脂で塗り重ね、これまでは内部に隠されていた繊維の素材感を活かすテクスチャーを生み出しました。一点一点ハンドレイアップ法にて成形し、磨き上げています。また、半透明なのでやわらかく光を通し、繊維模様が浮かび上がります。



光が差し込むと、よりはっきりと繊維模様が現れます。



”Plankton Stool”・”Plankton Chair”のフォルムはそのままに、FRPだからこそ作り出せるアウトラインのディテール。



水や汚れも、さっと拭くだけでキレイになるのでメンテナンスも簡単です。


ブルー


グリーン


イエロー


ホワイト


ブラック

これからの季節にも大活躍してくれるのではないでしょうか?
ぜひ店頭にてお試しください。


Plankton FRP Chair / Plankton FRP Stool

color
ブルー、グリーン、イエロー、ホワイト、ブラック

size
W430 / D500 / H770 / SH430

material
GFRP,steel

price
Plankton FRP Chair  ¥43,000 + tax
Plankton FRP Stool  ¥36,000 + tax

お問い合わせ・販売 / graf shop
tel.06-6459-2100
mail.shop@graf-d3.com

※ FRP製作 /造形工房四次元
www.yojigenkun.com

 

2016.05.27

公式オンラインショップをオープン致します

日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。
この度、graf shopでは公式オンラインショップを2016年6月1日にオープン致しました。
graf 公式オンラインショップ
http://graf-onlineshop.com
オンラインショップではオリジナルプロダクツを中心に展開しており、今後はセレクトアイテムなども随時更新予定です。
これまで遠方のお客様にはご不便をお掛けしておりましたが、これを機に店頭以外でもクレジット決済や代引きでのお取り引きなどがご利用いただけるようになります。
是非この機会にご利用くださいませ。

 

2016.05.03

original blend Tea "Belle Rouge"

grafティーコーディネーターの川西万里が手がけるoriginal blend teaシリーズ。
その中でも現在おすすめなのが、期間限定の"Belle Rouge(ベルルージュ)"です。
セイロンティーにざくろの香りを含ませ、ハニーブッシュ、ローズヒップ、ハイビスカス、ローズなどの素材をブレンドしました。
エストロゲンや、ビタミンやポリフェノールを豊富に含み、健康にも美容にもうれしいビューティフルブレンドティーです。





水色や茶葉もとても華やかなので、紅茶をいれる時間もお楽しみいただけるのではないでしょうか。
はちみつや砂糖をいれて、甘酸っぱく飲むのもおすすめです。

もうすぐ母の日。いつまでも元気で、かわいくいてほしいお母さまへのプレゼントにも喜ばれる一品です。
ぜひ店頭にてご覧くださいませ。


graf original Tea "Belle Rouge"(ベルルージュ)
Leaf(30g) / ¥1,200+ tax
Tea bag(2.5g×12p) / ¥1,300+tax

graf original Teaの定番シリーズはこちらから

Shop&Kitchen

OPEN / 11:00 - 19:00
定休日/ 月曜日(祝日の場合は翌日休)
大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F
お問い合せ
tel. 06-6459-2100
shop@graf-d3.com